ロゴ

始める前に知っておこう~水素水の摂取方法と作り方~

HOME>特集>水素水の活用術【上手く摂取するための基礎知識】

水素水の活用術【上手く摂取するための基礎知識】

ウォーター

水素濃度について理解しよう

水素水の水素濃度を表す単位として「ppm」が使用されます。1ppmは1リットルの中に水素が1mg入っているという事です。水素濃度は1.6ppmが最高濃度とされており、この数値に近い若しくは1.6ppmの水素水は濃度が高いと言えます。

女性

必要な飲用量を守る

水素水の1日の目安量は1~1.5リットルです。この量を超えても特に体に害という訳ではありませんが、身体に不要な水素は尿として排出されます。折角摂取した水素がもったいないので、この目安量の水素をゆっくり摂取するようにしましょう。

グラス

料理に使えばより美味しくなる

水素水で野菜を洗うと葉物野菜はシャキシャキ感が戻ります。古米を焚く際に水素水を使用するとお米がふっくらと新米のようによみがえったり、煮物を作る際にしようすれば具材に味が染み込み易くなって薄味でもしっかりと味が付きます。

水素水が作られるまでの流れ

男女

使用する水を決めます

ご家庭であれば水道水で簡単に作ることが出来ます。販売されている水素水の場合は採取する水源によって味が変わるため、使用する水を慎重に選びます。

水をろ過して不純物を取り除きます

水道水や採取した水をフィルターなどでろ過します。ろ過をすることで重金属やバクテリア、イオン性物質などの不純物を取り除いていきます。

電気分解します

ろ過したお水を特殊電解放出によって水素を生成します。ご家庭で使用する水素サーバーでも、この電気分解方法を採用されています。

水素を溶け込ませます

採取した水素を特殊な技術でゆっくりと水に水素を溶け込ませます。こうしてたっぷり水素が溶け込んだお水が水素水として販売されます。

アルミパウチに入れて保存

サーバーのように直ぐに飲める環境なら問題ありません。市販のものを購入する際はアルミパウチの方が長期保存をすることができます。